ハーブガーデンシャンプー 効果

【Q&A】ハーブガーデンシャンプー天然由来成分100%の効果とは

 

オーガニックシャンプーには天然由来成分を含んだシャンプーが数多くあります。

 

「髪がパサパサしてまとまらない」

 

「ボリュームがなくて物足りない」

 

「髪のダメージが気になる」

 

このような髪の悩みを持つ人が使用すると、効果があると言われています。
ハーブガーデンシャンプー天然由来成分は、
本当に髪のケアに効果があるのでしょうか?
ここで、天然由来成分100%の内容に迫ってみます。

 

 

天然由来成分とは?

 

天然由来成分とはなんですか?

人工的に作られた科学物質、防腐剤、着色料などを使用せず、
天然の植物のエキスなどを抽出して自然の力を生かした成分のことです。
オーガニックシャンプー全般では、
無添加とか、ボタニカルケアと呼ばれる商品が数多くみられます。

 

そもそも天然由来成分とは具体的にどんなものか、
分かりやすく抜き出してみました。

 

ハーブガーデンシャンプー5つの天然由来成分

 

  1. ノンシリコン
  2. アミノ酸
  3. オーガニックハーブウォーター
  4. 38種類の天然由来成分
  5. オーガニック成分

 

逆に入っていないものは?

 

  • 石油系界面活性剤
  • シリコン
  • 防腐剤
  • 着色料
  • 合成香料

 

多くの市販のシャンプーに含まれているような、
シリコンや洗浄成分の強い、石油系界面活性剤の化学処理された成分をあえて使用せず、
髪をいたわり、頭皮からダメージケアすることを考えた成分が天然由来成分です。

 

化学処理された成分が必ずしも悪いというわけではなく、
天然由来成分が入ったシャンプーは、
ダメージケアをしたい場合に最適化されたシャンプーと言えるわけです。

 

 

天然由来成分の髪への効果

 

天然由来成分は髪にどんな効果があるの?

主な期待できる効果は、

 

髪と頭皮の保湿

 

保水力

 

地肌のダメージを防ぐ

 

具体的な髪への効果は、

 

髪にうるおいを与える

 

髪をサラサラにする

 

フケを抑えて髪を清潔に保つ

 

健康的な髪を整える

 

などです。
髪のダメージケアに必要なのは洗浄力だけではダメで、頭皮から育成する必要があります。
そのため、天然由来成分の力で頭皮を健康な状態にして、
髪への栄養の浸透力を高めていくのが理想的なケア方法です。

 

 

ハーブガーデンシャンプーのデメリットは?

 

ハーブガーデンシャンプーを使ってはいけない髪の状態はありますか?

ただ単に、髪の毛が傷んでいるのであれば問題ありません。

 

ただ、頭皮が炎症を起こして痛みを発してる場合は、
ハーブガーデンシャンプーの使用をおすすめできません。
現在使われているシャンプーに関しても同じことが言えます。

 

頭皮の痛みが気になるようであれば、
まず皮膚科などで一度診断してもらった方がいいでしょう。

 

 

ハーブガーデンシャンプーの効果

 

どんなダメージの髪でも効果があるの?

ハーブガーデンシャンプーがおすすめできる髪の状態は以下の通りです。

 

髪がまとまりにくい

 

カラーで大分傷んでいる

 

ギシギシする

 

ボリュームがない

 

縮毛矯正ができない髪の状態

 

縮毛矯正は、傷みすぎた髪の場合、美容室で断られるケースがあります。
また、ご自身でやる場合も余計に髪に負担をかけてしまう為、さけた方がいいです。

 

まずはシャンプーやコンディショナーでのケアで髪質を改善して、ベースを整えることが大切です。

 

どれくらいの期間使えば効果があるのか知りたい場合は、
こちらの記事を参考にしてください。